AIDMAに則った施策

色見本

認知されることが第一歩

知らないサービスや商品を購入する人はいません。また、興味がないものを購入する人もいないでしょう。一般的に購買に移るまでには、AIDMAの法則に従うと言われています。アテンション・インタレスト・デザイヤー・メモリー・アクションの頭文字を取ったAIDMAの法則を消費者に与えるために、看板を作成しましょう。看板を設置することで、飲食店の来客数と売上が高まります。繁盛している飲食店ほど、高い認知度を誇ります。これは看板により、アテンション(注意・認知)を高めているためです。多くの方にお店の情報を知ってもらうことが、繁盛店への第一歩。また、特徴を表現した看板を設置することで、インタレスト(興味)を与えられます。繁盛している飲食店は、どのような料理を出すのか、どのような特徴を持っているのかを端的に看板で表現しています。飲食店の情報が分かりやすければ、デザイヤー(欲求)につながります。食べてみたいと直感的に思わせることができれば、来店まではもう少しです。何度も同じ看板を見ると、当然ながらメモリー(記憶)につながります。欲求と記憶がつながれば、アクション(行動)に移ります。ただし、看板の設置数は、多ければ多いほど良いというわけではありません。コストや飲食店の雰囲気を考慮し、看板を設置することが重要です。店舗の前に設置するだけでも、周辺を行き来する方の記憶にはしっかりと残ります。インターネットが当たり前の時代になっても、看板の存在は輝いています。店舗前の道を往来する方をしっかりと掴むことが、繁盛店への道を切り開きます。

Copyright© 2018 飲食店は看板で顧客の心を引き寄せる【工夫次第で大きな武器になる】 All Rights Reserved.