お店の存在を知らせる

店員

伝えたいことを考える

飲食店などで大切なのが、お店の顔にもなる看板です。初めてのお客様などは特に広告などを出していないのであれば、口コミなどで来てくれたかもしくは看板を見て来るお客様がほとんどです。どこに行こうか迷っている方などは、とにかく看板とあとはお店の外観の雰囲気などでそのお店にするかどうかを決めます。それだけ重要なツールですので、しっかりと伝えたいことを伝えるということが重要です。飲食店の場合、まずはお店の名前を記載するのはもちろんですが、どのような料理を提供しているお店なのかが伝わらないと、お客様な何料理のお店なのかがわからずに通り過ぎてしまいます。そのため、店名と一緒にお店自慢の料理名や代表的なメニューを記載するというのがおすすめです。看板のテイストにもよりますが、料理写真をしっかりと掲載したり、写真を掲載せずにシンプルにするのであれば何料理で何がおすすめなのかをさりげなく記載する工夫が必要です。店名を大きく記載した看板と、入り口にしっかりとメニューを書いた小さめの看板を置く、など分けて工夫するというのもおすすめです。居酒屋などの飲食店であったりバーなど夜にオープンするお店の場合は夜でもきちんと目立つようにネオンなどがついているものにしたりと暗いところでもきちんとお店がここにあるということを伝えることが大切です。様々な飲食店がありますので、埋もれてしまわないように目立つ工夫というをしっかりと考えるべきです。

Copyright© 2018 飲食店は看板で顧客の心を引き寄せる【工夫次第で大きな武器になる】 All Rights Reserved.